恋の浦ネット

潜水士を育成する指導教官の授業ノート 
| ダイビングベース Island-M | ダイビングチーム | 潜水士試験 | 水中業務 | toshi-web | Facebook | Uiqo |
HOME > 水中業務

 ■ 潜水士はどんな潜り方をしているのか?
  • 私たちがTVでよく見かけるのはボンベを背負ったスクーバダイバーです
  • 潜水士はどんな潜り方をしているのでしょうか?
  • どんな水中作業を行っているのでしょうか?
    


 ■ 潜水士が使用する潜水器材
  1. スクーバ式
  2. フーカー式
  3. ヘルメット式(日本式カップ潜り)
  4. ハードハット型

 ■ 特殊で高度な潜水方法
  • 大多数の潜水士が仕事をするのは水深5m〜50mの港湾近くの海域やダムですが、石油を始めとする海底資源の掘削作業では水深100mを超えます。
  • 各国海軍の潜水艦救助ダイバーは、水深400mを限界水深としています。
  • 彼らはどのような装備で、どのような訓練をして深海に挑むのでしょうか?
潜水士育成塾
〒811-3307
福岡県福津市渡1051-1
Phone 0940-38-6100 / Fax 0940-38-6101
   「マリン技術」教科書作成に向けて、作業ファイルを兼ねて書いてみます。
 new
書き留めながらの作成ですので、乱筆乱文はお許しください。2018.11.19 Toshi Yanagi

 

  コマーシャルダイバーとは?
  • 日本語では「職業潜水士」、様々なタイプのダイバーがいます。
  • サンドポンプの吸入口を抱えて桟橋の下のヘドロを浚渫する水中作業員
  • 人命救助に当たる海上保安庁の特殊救難隊員
  • 宇宙ステーションのようなリビングチャンバーで暮らしながら水深200mの世界で作業するオイルダイバー
Copyright (C) 2002-2018 toshi-web All Right Reserved
total 0000123 [ yesterday 001 / today 004 ]